AIによるマーチャンダイジング&プランニングの運用政策決定の簡略化

過去1年間にわたり、小売業者と流通業者は、コロナウイルスパンデミックによる大きな課題に直面してきました。サプライチェーンは寸断され、労働力は減少し、顧客は店頭ではなくオンライン購入に大きくシフトした事で、企業はそれに応じて慣習調整を余儀なくされています。CrowdANALYTIXではすでに、小売業者と流通業者がビジネスを迅速かつ容易に拡大する為のソリューションを提供しており、この変化し続ける市場で競争できるようになっています。【CrowdANALYTIX for Product Master Database(以下、CAX PMD)】は、製品データのオンボーディングプロセスを合理化及び迅速化します。その結果大小の販売業者が時間やコストを無駄にすることなく、継続的に商品データベースを拡張および同期出来ます。

予期せぬ市場の変化はパンデミックにより確実に悪化しましたが、全ての小売や流通のMD(マーチャンダイザー)や商品登録担当者は、パンデミック以前からこの課題に直面していました。我々が接した事のあるMDや商品登録担当者はみな同じ問題を抱えています。例えば、毎週または毎朝多大な時間をかけて、必要な情報にたどり着く為に、何十、何百ものビジネスインテリジェンス(BI)レポートをしらみつぶしに読み漁っています。また、平均的なMDや商品登録担当者は、データ収集や同僚との観察結果の同期といった意思決定に繋がらないタスクの処理に、最大2/3の時間を費やしています。このように彼らは情報の過負荷に悩まされており、ビジネスを前進させるために対処しなければならない重要な意思決定ポイントに到達するため、大量のデータ処理に苦労しています。

そうして回答すべき質問と対処すべき異常を特定した後も、MDや商品登録担当者はどのように対応するか特定しておらず、重要な営業活動とマーチャンダイジング活動の課題リストへの優先順位付け方法を検討していません。そのため実際に作業を開始するまでに新たな問題が発生し、取り掛かりが遅れる事もしばしば有るでしょう。多くの異常は修正されず、多くの洞察はビジネスに利益をもたらし得る期間内に実行されなくなってしまいます。

CrowdANALYTIXは、マーチャンダイジング&プランニングの支援としてAIを活用する目的で、CrowdANALYTIX for Merchandising Analytics (以下、CAX MDA)】を提供しています。

▼『CAX MDA』の詳細はこちら
cax_mda_headb.jpg

簡略化されたデータ

企業は通常、OracleやNetsuiteといったマーチャンダイジング分析システムを使用し、TableauやPowerBIといったツールを組み込んでいます。これらは全て、MDと商品登録担当者の意思決定プロセスを簡素化する事を目的としていますが、実際には、人間が迅速かつ容易に理解できる形でデータを分類することはありません。レポートの束と無限のダッシュボード構成は、テラバイト単位の生データよりは良いでしょうが、 CAX MDA は更に一歩先を行き、取引、在庫、MDM、及びその他のソースからのテラバイト単位のデータを分析するだけでなく、ユーザーが即座に解釈できる形でデータを提示します。

CAX MDA は、大部分のユーザーの注目される物として、予め選択した4〜5の明確なインサイトを提示します。これらは単なる生の数字や判読不能なチャートではありません。

ある靴のベンダーの実際の例を幾つかご紹介します。

  1. カテゴリー平均の-2%とは対照的に、スニーカーの収益は、昨年(毎週)と比較して5%増加している
  2. ベンダー7のヒール1平方フィートあたりの売上高は、ターゲットに対して156%減少している
  3. ベンダー12は、トランザクションの目標数を13%下回っている

MDがレポートをまとめて結果を導きだすのではなく、朝、ダッシュボードを開いた瞬間にレポートを確認し、それに基づいて遅滞なく意思決定を行う事が出来るのです。

無限のフレキシビリティ

AIは一度に数テラバイト単位のデータを処理する事ができるため、取引履歴、在庫の変更、ベンダー、MDM情報など、すべてを分析して結論を出すことができます。ユーザーは、コンテンツ、オペレーション、製品の導入、SEO、財務、季節的なプロモーション等、ほぼ全てのビジネス指標の偏差をあらゆるタイムラインで追跡する事が出来ます。CAX MDA には、一般的に使用される数百の主要な結果領域(KRA)があらかじめプログラムされていますが、ユーザーは独自のKRAを追加したり、既存のKRAをカスタマイズすることで、ビジネスの目標を反映させることが可能です。

カスタムサポート

KRAやトラッキングをカスタマイズ出来るだけでなく、ユーザーはAIシステムからカスタムサポートを入手することが可能です。CrowdANALYTIXのAIは、非常に洗練されているため、ユーザーは自分のビジネス上の意思決定や戦術について質問することができ、すぐに役立つ答えを得ることができます。

前述の靴の小売業者の実例として、次のようなものがあります:

  1. 過去4週間で、ブラックカラーのキッズスクールシューズのリードタイムが最も短かったベンダーは?
  2. 過去12週間のカテゴリー収益に対するヨガシューズの影響は?
  3. 最近のプロモーションで、販売成功率が最も高かったブランドは?

もちろん、AIが答えるには複雑すぎる質問もあります。ユーザーがより複雑な質問をした場合、CAX MDA はデータサイエンティスト、統計学者、データアナリストのチームを活用して、クエリーにて代わりに対処します。これは、ユーザーが徹底的にマッピングしたい質問をより深く分析する方法とも言えます。

結論

CAX MDA は、平均的なバイヤーやオペレーターに対し、少なくとも毎週月曜朝の4〜5時間を節約しており、 1週間を通じて提供されるジャスト・イン・タイムの分析を考えると、さらに多くの時間を節約できます。ユーザーは必要な情報に直接ジャンプすることができ、退屈な分析で時間を無駄にすることはありません。異常はほぼ瞬時に特定され、プロセスはAIで最適化され、CAX MDA はわずか4〜6週間でマーチャントデータベースにシームレスに統合されます。

弊社では「データドリブンなマーチャンダイジングを実現するAI」をはじめ、多数のユースケースをご用意しております。
是非お気軽にダウンロードしてご覧ください。

詳細資料のDLはこちら.png

お問い合わせはこちら.png

▼世界2.5万人のデータサイエンスリソースを活用したビジネス課題解決型のAIサービス
詳細はこちら
●CAXバナー.png

出典https://www.crowdanalytix.com/simplifying-merchandising-planning-operational-decision-making-with-ai/
CrowdANALYTIX Resouce Library 


導入事例・ユースケース一覧を見る